将来的に介護業界の人手不足は解消されるか!?

人手不足解消のための3つのアイディア

長らく介護業界の人手不足が言われていますが、一向に解消される気配がありません。介護に従事したい人が少ないことも大きいですが、それ以前に高齢者の数自体が増えたことが一番の要因です。どうすれば現在の人手不足が解決されるでしょうか?まず、一番に議論されているのが、移民労働者の検討です。人手が足りないのだから、増やせばいいというわけで、フィリピンなど東南アジアからの移民の受け入れを検討しています。ですが、これについては日本語の壁などなかなか上手くいっていないようです。

ロボット技術が未来を救う!

次に、ロボット技術によって人手不足を補おうというアイディアがあります。こちらは、おそらく今後20年以内に実用化されるのではないでしょうか。高齢者の話相手となるロボットだったり、人を移動する際の労力を肩代わりする、身につけるタイプのロボットだったりが、現在開発され、実用化に向けて取り組まれています。こちらの問題はコストです。家庭や施設で簡単に導入できる金額までなるには、もう少し時間がかかりそうです。

高齢者自身が健康になる!

最後に、高齢者自身に焦点を当ててみましょう。健康寿命という言葉が昨今では使われることが多くなってきました。これは介護を必要とせずに暮らせる期間のことです。健康寿命が長くなればなるほど、介護が必要な人は減る計算です。高齢者の数を減らすことはできませんが、介護が必要な高齢者を減らすことはできますよね。また、元気な高齢者が増えることで、そうした人々に働いてもらうことも大切になってきます。いずれ施設でも、高齢者が高齢者を介護する、そんな光景が当たり前になるときが来るかもしれません。

介護の派遣は短時間勤務や1週間に1日から、夜勤なしあるいは夜勤メインなど、自分のライフスタイルに合わせた働き方が選べます。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.