保育の現場で活躍するには保育士の免許が必須!

保育士の免許を所有している人が子育てのプロ

保育士になるには、保育士の免許の所有が必須条件です。保育士の免許を所有しているということは、子育てや子供のしつけに関してはプロという意味になります。しかし、実際には保育士の免許を取得しても新人のころは、まだまだ勉強をすることが沢山あります。保育士の免許を所有していると全国どこでも保育の現場で活躍することが可能です。子供が好きだからといって保育士の免許を取得しても、子供の相手だけではなくて保護者の対応も必要になってきます。

保母の免許が保育士の免許へ

昔、保母の免許を取得した人は、保育士の免許に変更が必要ですが、試験をしなくても保育士の免許へと変更ができます。免許の制度が変わったので今では保母の免許は存在しないのです。実際には保育士の資格を所有していても保育の仕事をしていない人もいます。保育士の免許を所有しているということは、国が保育士として認めたあかしになります。中卒でも保育士の免許を取得できますが、一般的には大学を卒業して保育士の免許を取得する人が多いのです。

保育士の免許と保育士登録はセット

保育士の免許の更新は必要ないのですが、保育士として保育園で勤務するには保育士登録が必要となってきます。保育士登録は保育士として保育園で勤務することが認められたあかしです。この保育士登録を一度すると全国の保育園での勤務ができます。ですから、保育士の免許と保育士登録はセットであると言えます。保育士登録は郵送のみでできるので、保育士の免許を取得したら直ぐに保育士登録をする必要があります。面接時にも保育士登録証が必要となります。

アベノミクスで女性の社会進出を推進するにあたり、待機児童の解消は国の重要テーマとされている事から保育園の求人は今後増加が見込まれています。

admin

Add your Biographical Info and they will appear here.